Tel: 042-451-5111
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年08月27日
ブログ

川口市西青木1丁目、解体工事完了しました!

弊社、管理物件の川口市西青木1丁目、金曜日に解体工事が完了しました。近隣の皆様には、騒音等ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんでした。

軽量鉄骨造2階建て延134,16㎡の解体工事費は

この地には、大手ハウスメーカー施工による軽量鉄骨造2階建て延床面積134.16㎡の専用住宅が建てられていました。販売にあたり解体業者三社による相見積もりを実施!その解体工事費用は、A社2,226,334円、B社2,041,200円、C社1,650,000円。なんと価格差60万円近くにも及ぶのです。以前に比べ解体費が高騰していると言われますが‥この価格差の原因について解説します。

解体業者もさまざま~単なる口利き屋の業者も存在します


今回、相見積もりをお願いした3社の内、A社は飛び込み営業で知った会社。B社は知人から紹介を受けた会社、C社は懇意におつきあいをいただく会社です。A社は自社工事部隊すら抱えない所謂「口利き屋」、不動産会社に営業をかけ、高額なキックバックを支払い、解体工事を受注しています。B社は一般的な解体工事業者で、C社は木造の解体工事専門に月間70棟以上の解体工事をしている会社です。今回は、解体工事一括見積りは利用しませんでした。恐らく180万円~200万円弱の見積りが予想されます(運営会社に10%程度の紹介料支払うと聞いています)

安ければいいとはいえない解体工事


ここで解体工事は「安ければいいのか?」といったことについてお応えをします。通常、30~40坪の専用住宅の解体工事は7~10日前後掛かります。一番気を遣うのが近隣の方への配慮!工事期間中の騒音や粉塵、大変ご迷惑をお掛けするからです。確りと養生をしているか、車両や通行の妨げにならないようにしているのか、一日の業務終了後の清掃はしているのか‥といった安全対策が重要になります。今では、ネットを利用して単価の安いところを見つけることも出来ますが、やはり専門知識を持つオブザーバーとなる人が必要です。思わぬトラブルが発生するのが解体工事です。

築年数が経過している中古住宅を売りに出す場合


築年数が20年を超えている中古住宅を売りに出す場合、既存建物があるにも関わらず「売地」と表現、建物は瑕疵担保免責を条件に売りに出す場合があります。販売手法の一つなのですが、このような場合は事前に解体業者数社からの見積りを依頼しましょう。理由は、解体工事費相当分の価格交渉を要求される場合があるからです。その時に買主さんの感覚で「解体に000万円かかるから値引きして!」、それから見積もりを取るのではタイミングを逸してしまいます。売却を依頼する不動産会社の担当者の経験も重要、ご案内のように大きく費用が変わりますので注意してください。
この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して32年、宅地建物取引士の資格を取得して27年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。 何かお困りのことはありませんか? 私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。 もし何かお困りのことがあれば、その問題解決のお役に立てる専門家をご紹介いたします。 弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター‥お気軽にご相談ください。
store

会社概要

株式会社スプラッシュ
株式会社スプラッシュ
arrow_upward