Tel: 042-451-5111
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年05月19日
ブログ

今日は暑かった! 熱中症にご用心してください!

熱中症は命にかかわる可能性がありますが、予防策を知っていれば防ぐことができます。また、高齢者や子どもは特に注意が必要なので、家族や近所の方たちで声をかけ合って熱中症を予防しましょう。

熱中症とは

高い気温や湿度の中で、体温調節が上手にできず、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節ができなくなることにより起こります。熱中症の初期症状では、めまい、筋肉痛、頭痛、吐き気、疲労感などが見られます。重症になると死に至る危険もあります。

熱中症を防ぐためには

1.炎天下や、風通しが悪い場所での運動や作業は控えましょう。
2.外出時は、日傘や帽子を用い、通気性の良い衣服を身につけましょう。
3.室内でもこまめに水分を取りましょう。
4.換気や遮光などをしても室温が28度を超えるときには、無理をせずエアコンを使用しましょう。
5.睡眠や栄養を十分取り、体調管理をしましょう。
6.車の中に子どもを残したまま車から離れないようにしましょう。

環境省熱中症予防情報サイト

境省が、熱中症予防情報サイトで、暑さ指数(WBGT:湿球・黒球温度)の速報・予報等の熱中症関連情報を提供しています。 環境省熱中症予防情報サイトより 練馬(東京)の実況と予測(参考値)(外部リンク)暑さ指数(WBGT:湿球・黒球温度)とは?~ 暑さ指数(WBGT:湿球・黒球温度)とは、人体の熱収支に与える影響の大きい(1)湿度、(2)日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、(3)気温の3つを取り入れた指標です。(環境省 熱中症予防情報サイトより)

熱中症になりやす人

1.乳幼児
2.高齢者
3.屋外で長時間作業する方
4.糖尿病・慢性腎臓病・高血圧など慢性疾患をお持ちの方
5.肥満の方
6.暑さに慣れていない方
7.閉め切った室内でエアコンをつけない方
この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して32年、宅地建物取引士の資格を取得して27年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。 何かお困りのことはありませんか? 私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。 もし何かお困りのことがあれば、その問題解決のお役に立てる専門家をご紹介いたします。 弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター‥お気軽にご相談ください。
store

会社概要

株式会社スプラッシュ
株式会社スプラッシュ
arrow_upward