Tel: 042-451-5111
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年12月03日
ブログ

西東京市・空き家セミナー「どうなる?どうする私たちの空き家」報告2

12月2日(土曜日)14:00から西東京市役所田無庁舎で開催された、空き家セミナー「どうなる?どうする?私たちの空き家」に出席をしてきました。出席できなかった方のためにセミナーの内容について報告します。

空き家問題の原因って何なのだろう


そもそも「空き家問題」の原因は何なのでしょう?

1,高齢者がお住まいだったご自宅

老後に施設などへ入所されるケースが増加、ご相続による空き家になる

2,団塊世代の高齢化

団塊世代の人の数が多く、持ち家率が非常に高い。郊外ニュータウンの戸建てに住まわれおり、子供は独立し都心部に住まわれるケースが急増

高齢化問題が加速度的に進む歩調に合わせて、空き家が増加し「空き家問題」も急激に悪化する傾向が予想されます。

人口が減るにもかかわらず住宅は増える


人口減が叫ばれる中、新築住宅は高水準で維持されているのが現状です。また、空き家を解体した場合に各種税金の減免措置がなくなり、所有者の負担は増えます。これらを背景に住宅ストックが増加していくことになります。築年数が経過する空き家では耐震性の問題もあり、活用できないまま「空き家」となり、放置された状態が続く恐れがあるのです。人口減少という今までに対峙したことがない問題に、取り組んでいかなければならないのです。

空き家状態が長期化する傾向に‥


自宅を手放せない高齢者

老人ホームなどの施設に入居される方が空き家を所有しています。親御さんを想う子供たちは、その想いにより何ら手を出せずにいます。

実家を手放せない子供たち

生まれ育った実家ゆえ心情的な理由から、手放すまでに多くの時間がかかっています。家族の想い出が詰まった遺品などの整理も中々進まないケースもあります。

実家の相続が争続に発展

ご兄弟間での実家の活用法について意見が対立してしまい、調停、裁判といった思わぬケースになることもあります。

そうなんです!空き家の多くは皆さん方の生まれ育った実家なのです。その実家、整理するのも活用するにも心情的なハードルが高いのが現実なのです。

空き家の利活用は4つ!

空き家の利活用は以下の4つになります。


1,売る

2,貸す

3,直す

4,壊す

活用できない不動産は少ない、しかし、思っている条件で活用できない不動産が大変多いのが実情です。


利活用には4種類ありますが、所有する不動産の状態や所有者の考えにより、その対応はまちまちです。一番多いケース「売る」についても、「想い」を解決することに手間取るのが現実です。またネックとなりうる部分として「思っている条件」があります。この「思っている条件」を妥協することに所有者は苦労しているのが事実です。

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して32年、宅地建物取引士の資格を取得して27年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。 何かお困りのことはありませんか? 私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。 もし何かお困りのことがあれば、その問題解決のお役に立てる専門家をご紹介いたします。 弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター‥お気軽にご相談ください。
store

会社概要

株式会社スプラッシュ
株式会社スプラッシュ
arrow_upward