AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年09月24日
ブログ

不動産に関するお困りごと、お悩みごとはございませんか?

不動産仲介業務に従事して32年、宅地建物取引士の資格を取得して27年が経ちました。お客様に対して今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明し、最良の方法をご提案するべく努めさせていただきます。

築45年の賃貸マンション建て替えを決断~入居者の明け渡し交渉はどうすればいい?

北区内の賃貸マンションを所有されるN様のご依頼でワンルーム全8世帯の入居者の明け渡し交渉。JRの最寄り駅より徒歩6分の立地する賃貸マンションは、築45年を超える建物は老朽化が進み、メンテナンス費用も年々増加しています。その割に家賃は10年以上変わらず同一賃料。ご子息と相談をされ、建て替えることを決断したのですが、最大の問題点は入居者との明け渡し交渉。どのようにすればスムーズに運ぶのか?入居者には生活保護や生活扶助の人たちが住まわれています。当初、ご自身で明け渡し交渉をするつもりでしたが「もし明け渡してくれなかった」と考え直し、ご相談をいただきました。入居者の皆さんからお引っ越しに関わる不安な点をお伺いし、それぞれの入居者の新しい生活に配慮すべく最善の段取りをした結果、4ヶ月で全8世帯が明け渡しとなりました。

高額なハウスメーカーの見積りに唖然!ローコスト&ハイクオリティな地域ビルダーをご紹介

親御様より板橋区内の不動産を相続されたS様は、「売却するのか、建て替えし住まわれるのか?」~悩んでおられました。現在のお住いの湾岸沿いのタワーマンション3LDK(100㎡)は、通勤に便利、快適なのですが‥賃料が25万円という現実。お子さん3人の先々の教育費増を考えると、住むコストを軽減するべき、建て替えすることに決められました。早速、大手ハウスメーカーの展示場見学へ。約3ヶ月にわたり毎週見学に行かれ、気づいた現実は理想の家を建てるにはあまりに高い建築費でした。これでは賃料と変わらない‥ローコスト&ハイクオリティーな注文住宅を施工する会社はないのだろうか?~ご要望をお伺いし、地域ビルダー3社との競争入札方式を採用、ご納得のいく形となりました。大手ハウスメーカーの仕様で700万円近くのコストダウンに成功です。

自動車整備工場を廃業するには土壌汚染対策が必要不可欠~でも誰に相談したらいいの?

長年、自動車整備工場を営むK様の悩み事は土壌汚染問題。諸事情があり約50年以上にわたり事業を継続していたのですが廃業を決断。土地を売却した資金でご出身地の多摩方面への移住をとお考えでした。土地の売却準備を進める中でわかったのは土壌汚染の可能性でした。廃業をするには土壌汚染調査をしなければなりません。深度調査(ボーリング調査)の結果、微量の汚染が確認されました。環境省指定調査機関の解析データを基に、安価かつスピーディな作業を実施し、正常な宅地への改良工事を実施、弊社で全ての業務に関してコンサルティングを行いました。当初よりご希望の金額でご売却となりました。現在はご夫妻で第ニの人生を歩まれています。

娘が結婚、一戸建てから中古マンションへ住み替え~もとの住まいは賃貸へ(法人契約)


東伏見駅北口にお住まいのO様は、お嬢さんのご結婚に伴い4LDKの一戸建てから西武柳沢駅近くへの2LDKのマンションへと住み替えをされました。「ところで今までの住まいはどうする?いずれ娘達に子供が出来たら住んで欲しいのだけど‥いつになるのか?」~弊社でご提案をしたのは賃貸として利用することをオススメしました。「えっ、一戸建てを借りる人がいるの?」~取引先に紹介をし、中部圏より東京に転勤されてくるご家族向けに法人契約をいただきました。現在、弊社の管理物件としてお預かりをしています。

相続が発生!取得した埼玉県所沢市のマンションは5人の共有名義


相続が発生した当初はまさか‥このようになるとは考えてもいませんでした。相続人が5人、きっと誰かが住んでくれるだろう?遺産分割協議を重ねていくうちに「誰も住まない」ことが決まり「どうする?」といった展開に。Sさんからご相談いただいたのは既に相続発生から6ヶ月が経過した段階でした。『誰もお住いにならないなら売却されてはいかがですか?』とお話すると「老夫婦の二人住まいだったのですが荷物が多く、まだ、その、何も片付けが済んでいないのです」~現地を拝見すると85㎡のお部屋は家具や衣類がたくさん。その場でリサイクルショップの店長に連絡し、見積りを依頼することに。売れるもの、処分するのものと仕分けをし、2週間で空室に。これからリフォームをし売却活動のお手伝いをいたします。

まずはご相談ください!不動産に関するお困りごとやお悩みごとは、その人ごとに違います。お一人で悩まずに遠慮なくお話ください。「えっ、不動産屋さんでいいの?」とお考えにならずに、お住い全般に関わること、誠実にご対応することをお約束いたします。
この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。何かお困りのことはありませんか?私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。もし何かお困りのことがあれば、不動産の事以外でも、その問題解決のお役に立てる専門家と提携していますので、いつでもご紹介いたします。弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター等お気軽にご相談ください。
arrow_upward