AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年08月25日
ブログ

レジデンス大山 9階 南向き 3LDK ご成約いただきました!


弊社にて、ご売却の専任媒介をただいていましたレジデンス大山、22日(火曜日)、ご成約となりました。販売にご協力をいただきました地元大山の業者様、池袋方面の大手不動産会社様ありがとうございました。

売主様は5年前に弊社で購入されたお客さま


昨年暮れ、「鈴木さんから買ったマンション、引っ越したいのですが‥相談に乗ってくれませんか?」とメールをいただきました。年明けにお会いした奥様にビックリ!可愛い男の子がいるではありませんか!(笑)お話をお伺いするとお腹にはもう一人!!改めて5年たったんだな~と実感。将来を考えると今のマンションが手狭?売るにはどうしたらいいの?といったご相談でした。普段は保育園に預けて働かれる奥様、住み替えるにしても大山駅近くが理想とのことでした。大山駅周辺の同程度(築年数や専有面積など)のマンション成約事例を示し、お考えいただくことに‥。

大手不動産会社による査定価格


3月に入り、奥様より査定依頼をいただきました。5年前を知る私は室内を見てビックリ!「エッ、ここまでリフォームしたのですか!」と叫ぶことに。ご入居に併せて浴室以外は全てリフォームされていたからです。バルコニーからの眺望は、南側の公道を挟んでマンションが建設されたので多少劣りますが、圧迫感もなく良好。気になっていた川越街道の音も気になりません。具体的な数字のお話をすると「やはり、そうですよね。私達もそう思える金額です」とのこと。事前に大手不動産会社より査定を受けていたのです(最近このようなケースが多く弊社としては普通のことです)

囲い込みはしない!売主さんの利益追求を目指す!


お客さまに最初にお伝えしたのは「囲い込みしない」こと。一昨年、週刊ダイヤモンド誌上でスクープされた不動産仲介業界の悪しき慣習のことです。本来、売主さんの利益追求をしなければならないのに、自社の都合を優先する販売手法です。具体的には、レインズ(不動産指定流通機構)に登録し、広く情報を公開しなければならないのに、「商談中です」、「担当者がいないのでわかりません」‥などど口にし、他社との共同仲介を拒み、自社の営業を優先するのです。速く、高く、確実な取引きを目指さなければならないのに、逆のことをするのです。弊社では基本的に専任媒介契約をいただいた翌日にはレインズ登録をします。

仲介手数料は半額でお手伝いする!


他社と比較して決定的に違うのが仲介手数料半額でお手伝いすることです。例えば3000万円で成約となった場合、仲介手数料は物件価格✕3%+6万円✕1.08(消費税)。おうち売却.COMでは物件価格✕1.5%+3万円+1.08(消費税)となり、実に50万円以上も手取り金額が違うのです。今の世の中、50万円の差は大きいのではないでしょうか?

最新のネット技術の広告よりも、効果を発揮したのがブログでした


弊社の場合、広告承諾書をいただいた不動産会社様には、全てのチャンネルにおいて広告掲載を承諾しています。不動産会社様のホームページはもちろん、SUUMO,HOMES,アットホーム等一切制限を設けません。より情報を知らしめるには制限を設けては意味がないとの考えた方です。一見当たり前のことなのですが、大手不動産会社は他社に対して「ネット広告厳禁」なのです。4月以降、私も驚くことが発生したのです。弊社のブログやホームページ(物件詳細ページ)が大手ポータルサイトより上位検索されてきたのです。今では普通に行われているSEO、リーマケティング等の手法を講じていないホームページが!これには理由があります。Googleは、自然検索を優先し、ユーザー目線で役立情報を多く掲載するWebサイトを評価する形を取り始めているからです。

価格見直し&室内写真の撮り直し


専任媒介契約を受託し販売活動、もう少しで3ヶ月経過。このタイミングで価格見直しをご提案しました。最も活況する流通市場の時期を過ぎたからです。少しだけ価格を引き下げませんか?~とご提案。周辺で売りに出されているマンションの情報をお見せしながらお話をしました。そして室内写真を撮り直しの協力をお願いしました。「3月と今では空の青さが違います。家具等もお引っ越しに備えて、処分されたので室内の景色も違いますから」快くご協力をいただきました。

出産が先か売れるのが先か


これは成約できたから言える話ですが‥6月、7月とご見学されるお客さまをセーブしました。なぜ?、第二子誕生が目前に迫っていたからです。出産はとても大切なこと、マンションのご見学は二の次!私の我儘ですが、ご見学希望のお客様には少しだけ待っていただくようにしました。今、可愛い赤ちゃんを見るたびに(上の子そっくり)、うん、これで良かったと思っています。

買主様の住宅ローン事前承認をいただいてのご契約、銀行ローンの本申込を提出いたしました。さあー、これからが大変です。お客様と共同で新居を探さなければなりません。一番大変なのは二児の母なる奥様!カバーすべきところはカバーしなければなりません。今日あたりは残暑厳しい気候ですが元気に顔晴ります。
この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。何かお困りのことはありませんか?私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。もし何かお困りのことがあれば、不動産の事以外でも、その問題解決のお役に立てる専門家と提携していますので、いつでもご紹介いたします。弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター等お気軽にご相談ください。
arrow_upward