AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年07月21日
ブログ

ねりま打ち水大作戦2017 ~打ち水しませんか~

暑い夏の日に、道路や庭先などへ水をまく「打ち水」は、江戸時代から伝わる日本古来の風習です。もともとは道路などのホコリを抑え、また家の周囲を清めるという意味合いで行われていた打ち水ですが、他にも気化熱によって周囲の気温を下げるという効果があります。7月23日(日曜)~8月23日(水曜)はねりま打ち水強化月間です。

打ち水のお作法

水の容器を用意しましょう
家にある容器を利用して打ち水しましょう。
ペットボトルや洗面器、素手で行っても良いでしょう。

二次利用水を使いましょう
打ち水に水道水を使うのはもったいないですよね。
風呂の残り湯などの「二次利用水」を使いましょう。

いろいろな場所にまいてみましょう
例えば庭先やアスファルト、「壁打ち」でも大丈夫です。
朝や夕方の時間帯に、日陰で打ち水するのもおすすめです。

安全で楽しい打ち水にしましょう!
水をまく時は、水が歩行者や車にかからないように気をつけましょう。

打ち水の報告・感想・写真を募集しています

例えば、家の庭先で、事業所の入り口で・・・打ち水をしてみませんか?区では、打ち水をした方からの報告や感想・写真等を募集しています。以下の内容を直接記載するか、アンケートをダウンロードして記入したものを、ファクスやメール・郵便でお送りください。送付先:環境部環境課 地球温暖化対策係  電話:03-5984-4705(直通)  ファクス:03-5984-1227 (お送りくださった内容は、区ホームページ等に概要を掲載させていただきます)
この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。何かお困りのことはありませんか?私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。もし何かお困りのことがあれば、不動産の事以外でも、その問題解決のお役に立てる専門家と提携していますので、いつでもご紹介いたします。弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター等お気軽にご相談ください。
arrow_upward