AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年07月21日
ブログ

西東京市内の主要な道路整備事業について

西東京市では、市内の交通を安全で円滑に処理するとともに、火災時における延焼防止などの防災空間、生活に必要なライフラインの収用空間といった多様な機能を担い、暮らしや活動を支える主要な道路(都市計画道路など)の事業を進めています。

西東京都市計画道路3・4・21号ひばりヶ丘駅北口線整備事業

この事業により、都市計画道路並びに交通広場を整備することで、商業機能が集積する駅周辺の拠点機能を高めるとともに、公共交通機関などの乗換え利便性を向上し、駅周辺の交通環境の改善及び災害時の延焼防止と避難・救援・復興活動の円滑化を目的に施工いたします。平成20年2月1日から平成31年3月31日まで。事業計画図(PDF:866KB)

ひばりヶ丘駅南口駅前広場バリアフリー化事業

この工事は、バリアフリー法に基づき、駅及び駅周辺施設を利用する皆様の安全な歩行空間や環境空間などを確保することを目的としています。平成28年11月中旬から平成30年2月下旬まで。計画平面図(PDF:149KB

西東京都市計画道路3・4・11号練馬東村山線整備事業

保谷駅周辺からひばりヶ丘駅周辺を結ぶ東西の幹線道路(泉町五丁目地内から住吉町六丁目地内を整備)として、道路ネットワークの強化、利便性や防災性の向上、安全で快適な道路空間の確保などのために整備致します。事業計画の概要や現地で行う測量作業等について説明会を開催いたします。日時:第1回平成29年8月6日(日曜日)午後7時から午後8時30分まで・西東京市住吉会館ルピナス4階 大広間(西東京市住吉町六丁目15番13号)。第2回平成29年8月10日(木曜日)午後7時から午後8時30分まで・西東京市こもれびホール3階小ホール(西東京市中町一丁目5番1号)。事業箇所図(略図)(PDF:202KB)
この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。 何かお困りのことはありませんか? 私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。 もし何かお困りのことがあれば、その問題解決のお役に立てる専門家をご紹介いたします。 弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター‥お気軽にご相談ください。
arrow_upward