AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年06月18日
ブログ

西東京市のささえあい訪問協力員になりませんか?


西東京市在住の、おおむね65歳以上の方で、親族、近所、友人からの見守りが少なく、普段の生活に不安がある方に対するボランティア活動(月1回の玄関までの訪問、週1回の外からの見守り)をお願いしています。

ささえあい訪問協力員の活動内容


利用者のお宅に伺い安否の確認を行います。原則二人一組での活動です。

月一回の玄関までの訪問~玄関先で5分間程度お話をします。(例:毎月第2月曜日の16時頃)

週一回の外からの見守り~あらかじめ約束事を決めておいて外から確認します。確認をしましたら、見守り報告書を利用者宅のポストなどに投函します。(例:毎週水曜日に新聞が取られているかの確認)

※活動中に気になること(利用者の体調や環境の変化等)や利用者からの相談等があった場合は、西東京市地域サポート「りんく」に連絡してください。職員が状況を確認し、対応しますので、安心して活動していただけます。

ささえあい訪問協力員になるには


ささえあい訪問協力員養成研修の受講をしていただきます。

研修内容は①ささえあい訪問協力員活動・対人援助に必要な技術について②地域包括支援センターについて③高齢者に多い疾病について④個人情報の保護・高齢者虐待について~活動にあたり必要なテーマについて学んでいただきます。

お問い合わせ先:西東京市役所 高齢者支援課
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-464-1311 ファクス:042-438-2827

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。何かお困りのことはありませんか?私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。もし何かお困りのことがあれば、不動産の事以外でも、その問題解決のお役に立てる専門家と提携していますので、いつでもご紹介いたします。弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター等お気軽にご相談ください。
arrow_upward