株式会社スプラッシュ
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2016年12月24日
ブログ

つばき 山本一力著 光文社


大好きな作家さんの1人です。

山本一力さんがお気に入りの理由は、江戸に暮らす市井のひとの表現が抜群だからです。

一膳飯屋「だいこん」は浅草から深川に移ってきた女あるじがつばきが主人公です。才覚と客あしらいに秀でるつばき、飯炊きの技も評判になり商いも順調に運んでいました。そんなおり、大店の上棟式のお祝い仕出し弁当の依頼が舞い込んできました。深川でも有名な大店、注文の数も100、弁当一つの誂える費用も大!~どのような展開に‥。大店の主、渡世人、近所の女房や子供、女あるじつばきを取り巻く個性豊かなひとが織りなす義理人情物語です。ひたむきに商いをするつばきの深川繁盛記は経営論をも唱えています。

一に始末、二に始末、三、四も始末で、五は大始末

近江商人は商いを【始末・才覚・神信心】といい見栄や贅沢を厳しく戒めています。

文中のつばきと大店・木島屋の隠居とのやり取り

「商いの本分を、あんたなんだと思っておるのか」

『だいこんの商いの本分は、おいしいものを安い値段で食べてもらうことです』

「とんだ了見違いだ」

「食べ物屋が、うまいものをあつらえるものは当たり前のことだ」

「ほどよく儲けることが、商いの本分だ。儲けのない商いなど、道楽にもならんぞ」

つばきに商いを解き明かしていきます。

どうですか‥立派な経営学の教えだと思いませんか?

山本一力ワールドが堪能できる一冊です!!


この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。何かお困りのことはありませんか?私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。もし何かお困りのことがあれば、不動産の事以外でも、その問題解決のお役に立てる専門家と提携していますので、いつでもご紹介いたします。弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター等お気軽にご相談ください。
arrow_upward