AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年05月22日
ブログ

エンディングノートってご存知ですか?

エンディングノートを直訳すると「最期の覚え書き」となります。自分の人生の記録、残された人に伝えたい情報を書き記した物となります。

遺言書との違い

エンディングノート、遺言書、どちらも残された人に対して伝えたいことが書かれている点は共通していますが、遺言書は(財産分与など)法的効力を持ちますが、エンディングノートは法的効力を持ちません。その代わりエンディングノートは安価で済みますし、気軽かつ自由に書き記すことができます。

エンディングノートを残すメリット

1.自分自身に万一のことがあった場合、残された家族が困らない。
2.ふだんの生活における備忘録として活用できる。
3.残されたご家族に自分の想いを伝えることができる

エンディングノートに記すべきこと

1,自分自身について

出生から今までの人生の歩みなどご自身が経験されたことなど書き示されてください。

2,親族や関係者の情報

お付き合いの少ないご親戚の方を含め、分かる範囲でご連絡先など記しましょう(葬儀のお知らせをするか否か含む) 

3,介護・治療について

終末治療、臓器提供を希望するのか、最期の告知を希望するのか。

4、資産について 

不動産、金融、証券、書画、骨董など資産全般を記しましょう。

5,葬儀について

喪主は誰にし、どのような葬儀を希望するのかなど。ご自身で演出されてはいかがでしょうか?

6,遺言的な内容 

財産の相続についての特別な希望はあるのか。

7,残された人達へのメッセージ

なかなか口では言えなかっことなどご自身の想いを示されてはいかがでしょうか?

私の感じたこと


先日ご紹介に預かり、売却の査定でお伺いしましたお住いの室内を拝見し唖然としました。広さ80㎡の室内には奥様の写真がいっぱいあり、奥様がお亡くなりになられた5年前の状態のまま。奥様の物は、何ひとつも整理や処分されていません。奥様を愛して止まなかったのでしょう。そのご主人様がこの春にお亡くなりました。お子様がいらっしゃらなかったのでご兄弟への相続。ご売却をする段になり、どのように遺品を整理していくのか~大変悩ましいご相談でした。少しでも、想いを形にするためにも、心も身体も元気なうちにエンディングノートをお考えにならてはいかがでしょうか?
この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。何かお困りのことはありませんか?私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。もし何かお困りのことがあれば、不動産の事以外でも、その問題解決のお役に立てる専門家と提携していますので、いつでもご紹介いたします。弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター等お気軽にご相談ください。
arrow_upward