AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年05月08日
ブログ

家族介護教室

足腰の痛み、放っておくと寝たきりになる?リハビリ担当が教える基礎知識と自己チェック・自宅での運動方法~足腰の痛みを放置すると有酸素運動を含めた運動が困難となり、身体不活動状態となります。日本整形外科学会が提唱している「ロコモティブシンドローム」を基本に、そのチェック方法や自宅での練習方法を紹介します。

開催日時:平成29年5月13日(土曜)午後1時30分~3時30分

開催場所:富士見台デイサービスセンター(練馬区富士見台1丁目22番4号)

お問い合わせ先:富士見台デイサービスセンター 電話:03-5241-6010

ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドロームとは、通称ロコモと呼ばれ、骨・関節・筋肉などの運動器(ロコモティブオーガン)の障害のために、日常生活に必要な「体を動かす能力」が低下し、生活の自立度が下がる状態のことをいいます。このような状態で、何も対処しないと、要支援・要介護状態になる恐れがあります。

みんなの介護・ホームページ(外部リンク)

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。何かお困りのことはありませんか?私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。もし何かお困りのことがあれば、不動産の事以外でも、その問題解決のお役に立てる専門家と提携していますので、いつでもご紹介いたします。弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター等お気軽にご相談ください。
arrow_upward