株式会社スプラッシュ
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2016年12月22日
ブログ

西東京市、フレイル予防事業実施のため東京大学と連携協定を締結~東京都内初!


西東京市と東京大学高齢社会総合研究機構との間で「連携協力に関する協定」を締結。

協定の主な目的は、東京都内の自治体では初の取り組みとなる、

フレイル(いわゆる虚弱状態のこと)をチェックできるプログラムを、

西東京市と東京大学が共同で実施することです。

フレイルは、元気な状態と、介護が必要な状態の間の期間のことをいいます。

高齢男性の約7割、

高齢女性の約9割が、

介護状態になる前にフレイルを経験するとされています。

フレイルかどうかのチェックを受け、早めにご自身の状態を自覚し予防することです。

要介護状態となるまでの期間をのばし、元気な状態を長く維持できるようになります。

また、フレイルのチェックはあらかじめ講習を受けた市民自らが講師となって行います。

このため、これまでの介護予防の事業のように各種専門職や市の職員が行うのではなく、

市民による、市民のための事業として実施します。

市民の皆様の健康意識の向上と、

まちづくりへの参加意識の醸成につなげ、

「健康」応援都市の実現を目指します。


フレイル予防講演会のお知らせはこちらをクリック

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。何かお困りのことはありませんか?私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。もし何かお困りのことがあれば、不動産の事以外でも、その問題解決のお役に立てる専門家と提携していますので、いつでもご紹介いたします。弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター等お気軽にご相談ください。
arrow_upward