株式会社スプラッシュ
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年04月22日
ブログ

高齢だからこそ駅近のマンションへと引っ越したいのです

西東京市富士町に所在するURの賃貸住宅にお住まいのご夫妻二人暮らしのお客様は、将来を考えてある計画を実行する形になりました。きっかけは京都へご旅行される当日朝の大雨でした。普段なら直ぐに来るタクシーなのですが、なかなか来ません。電話で催促しても「この雨の影響で配車が追いつかないんです」。新幹線の発車時間を逆算して、止む無くカッパを着て駅まで自転車で向かわれたそうです。

今の部屋より狭くなり家賃は変わらない


現在のお家賃は駐車場込みで毎月約14万円。大規模開発され環境は良い立地ですが、最寄り駅の東伏見駅までは徒歩16分と少々不便。「引っ越そうか?」と考え始めました。暇を見てはスマホで駅近くの賃貸マンションをチェックし、奥様と二人で散歩がてら見歩いていたそうです。そこで気がついてのがお部屋の面積と賃料との関係でした。現在お住いのURのお部屋はゆったりとしており快適なのですが、賃貸となると50~60㎡と今よりも狭くなり、家賃はほとんど変わらないといった点でした。

いっそのこと中古マンションを買おう!


お子様たちも独立されご夫妻二人。多少部屋は狭くなることは我慢できるも、実質的に住宅にかかるコストが増えることが懸念材料となりました。ご夫妻ともに病気知らずで共に健康。新宿や池袋など都心に行くこともあり行動派のお二人です。少なくともあと10年は、お子様たちに面倒をみてもらうようにはならないとハッキリとしたお考えです。そこで考えついたのが中古マンションの購入でした。「なに、10年分の家賃を先払いしたと思えば安い買い物になる。いざっとなれば、貸すなり売るといった方法がある!」~約半年かけてたどり着いたご夫婦のお考えでした。

所有してこそ資産

長年この仕事に携わり、必ずお客様に申し上げることの一つに『不動産は大切な資産』といった考え方です。毎月家賃を払い続けても何一つ自分の物にはなりません!所有するからこそ資産になり得るのです。少子高齢化が進む中、資産として考えた場合、マンションは駅近くに所在するものに限ります。賃貸でも売買でも充分にニーズがあり、資産として有意な物となり、お子様たちに確実な継承ができるようになります。

元気だからこそアクティブに

東伏見駅徒歩4分、平成6年築、3DKの中古マンションをご案内させていただきました。室内の状態もよくお気に召された様子です。「ある程度ご近所のことも分かっているかと思いますがご夫妻でよくお話をされてください。何かあれば遠慮なくお尋ねください」とお伝えいたしました。ご夫妻は70を超えてマンションを考えると思ってみなかった仰られるので、『心も体も元気なのであればドンドン動かれることです。何よりも、それが健康に繋がることですから』と生意気な意見を申し上げてしまいました。

 

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。何かお困りのことはありませんか?私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。もし何かお困りのことがあれば、不動産の事以外でも、その問題解決のお役に立てる専門家と提携していますので、いつでもご紹介いたします。弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター等お気軽にご相談ください。
arrow_upward