株式会社スプラッシュ
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年04月18日
ブログ

64歳の元気なお父さんの想い、そして悩み

本日、お話しをお伺いしたお客様は、先祖伝来の土地を守られてきた地元でも有名な地主の方です。とても元気でお過ごしなのですが‥とある悩みがお持ちでした。

お爺ちゃんが建てた母屋を建て替えしたい!

現在のお住いは築60年以上が経過しています。10年以上前にキッチンをリフォームしたのですが、断熱性に劣り、家の中が段差ばかり。今は身の回りのことをこなしていますが、先々を考えると、思い切って車椅子対応のバリアフリーの住まいを望まれています。『息子の嫁さんには迷惑をかけたくないし、病院は嫌だし、最後は畳の上で息を引き取りたいんだ』と訴える瞼はジンワリと濡れていました。

土地を売却し建築資金を捻出したいのだけど

現在アパート経営にて生活を営んでおられます。但し、このアパートも築30年を超え、最近では空室も目立ち始めて維持するコスト増、収支はトントンといった状態。そこで考えついたのが、趣味で耕作されている小さな畑の売却。「この畑を売ればアパートの大規模修繕費用に充てることもでき空室を減らすことができる、小さいながらも母屋を建て替えることができる!」、ヨシッ、頑張ろう!

何をいまさら‥不安なら施設に入ればいい

相談を受けたご長男さんは「施設に入ればいい!無駄な金は使わなくなていい!」、俺のことを親と思っていないのか!~以来、親子間の話は途絶えてしまうことになってしまいました。「酷いだろう、こんな話があるかい?」、「俺は、頭も確りしているのだけど、息子が了解しないと後々トラブルになる恐れがあるからと親戚にも言われているのだけど、どうしたらいいのかわからないんだ」と悲しい表情をされていました。

私がご長男にお会いしお考えを聴きます!


お客様に『土地を売って母屋を建てたい!それは枝部分の考えです。肝心なのは、いづれ訪れるであろう相続という幹です。先祖伝来の土地を少しでも残すには、どのような形にすべきかを話し合うべきです。今の税制では全ての不動産を残すことは不可能です。守るべき土地、処分し納税資金の準備を考えなければなりません。今は元気な状態ですが介護も考えなければなりません。ご長男さんには継承する義務があるのですから‥』と少し強くハッキリと申し上げました。『ご長男さんも頭ごなしに、お父さんの話を聞かずに施設に行けばいい!と言っていないはずです。ご長男さんなりのお考えを聞いてみましょう。私にお任せください!今までもこのような少し拗れてしまった親子間の話を手掛けてきましたから』、そのようにお伝えすると「よろしくおねがいします!」と言われましたので、『いやいや、これからです。精神的にも肉体的にもしんどくなるのはこれからです。お客様がやり遂げる意思をお持ちなら我々がお手伝いします』、安堵されたご様子でした。

人が商材と考えています


この度のお客様のように、不動産に関してお悩みをお持ちの方が多いのが現実です。身内のことだからと躊躇い、ご自身で悩まれていらっしゃいませんか?誰に相談すればいいのか?~私は不動産業者ですから、土地を売ったり買ったりすることが生業です。しかし、終活カウンセラー、弁護士、税理士、行政書士といった専門家の人脈を持っています。安心される相続のために少しでもお役に立つべく務めます。そう、傾聴する姿勢で接することをお約束します。
この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。 何かお困りのことはありませんか? 私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。 もし何かお困りのことがあれば、その問題解決のお役に立てる専門家をご紹介いたします。 弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター‥お気軽にご相談ください。
arrow_upward