株式会社スプラッシュ
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年04月14日
ブログ

特別展「映画に魅せられた文豪・文士たちー知られざる珠玉のシネマガイドー」

映画に魅せられ、そこに浪漫や未知の可能性を感じた谷崎潤一郎や川端康成、林芙美子、江戸川乱歩、三島由紀夫といった作家たちが、映画雑誌はもとより、新聞や「小説新潮」「群像」「文藝」などの文芸雑誌、また「藝術新潮」「アサヒグラフ」など多岐にわたる媒体にこぞって映画評、映画論を寄稿し、また熱く映画を語り合った時代がありました。作家としての感性、尺度、表現で記された文章は一般的な映画批評家とは異なり独特の魅力に溢れ、それ自体がひとつの作品としての力を秘めています。
 本展では、昭和初期から昭和30年代を中心に新聞や雑誌などに寄せられた「文豪・文士たち」による映画評、憧れの女優について書かれた記述など、膨大な原稿の中から約100本を厳選し、寄稿された雑誌、公開当時の映画ポスター、プログラムなどと共に紹介します。

会期:4月22日(土曜)~6月11日(日曜) 午前9時~午後6時
     ※月曜休館。(ただし、月曜日が祝日にあたる場合は、翌平日休館)

観覧料:一般 300円
     高大生 200円
     65~74歳までの方 150円
     75歳以上と中学生以下の方 無料
     ※その他各種割引あり 
     ※練馬区立美術館で開催の展覧会との相互割引あり

会場:石神井公園ふるさと文化館 2階 企画展示室
    (練馬区石神井町5丁目12番16号)

問合せ:石神井公園ふるさと文化館 
     電話:03-3996-4060

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。何かお困りのことはありませんか?私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。もし何かお困りのことがあれば、不動産の事以外でも、その問題解決のお役に立てる専門家と提携していますので、いつでもご紹介いたします。弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター等お気軽にご相談ください。
arrow_upward