株式会社スプラッシュ
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年04月11日
ブログ

練馬区立大泉第二中学校と計画道路(補助第135号線、第232号線)の関係


都市計画道路の事業整備率は、23区の平均64.2%に対して練馬区は50.3%。道路のネットワークが十分に果たされていません。これゆえ学芸大通りの交通渋滞を引き起こし、大泉学園駅周辺の交通事故の発生要因にもなっている?ともいわれています。また首都直下型地震が懸念される中、防災観点から地域を考えても課題となっています。

大泉第二中学校


今年で創立60周年となる学校、練馬区内34校中5番目に大きい敷地面積を持っています。少子高齢化に伴い生徒数が減少することが予想されますが、駅近ということもあり、他の地域と比較して大きな減少は少ないと予想されています。

計画道路の推進を優先するのか?


計画道路の推進には、学校を全面的に移転する案、校舎とグランドを分断する案等があります。都市整備という観点で物事を考える必要性もある現実、地域の皆さんは何か釈然としない気持ちなのではないでしょうか?昨年3月から有識者による会議が重ねられ、今回で7回目となりました。過去の会議の議事録はこちらをクリックしてください。計画道路の事業執行ありきではなく、地域の皆さんの意見集約された形で進むことを願います。
この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。何かお困りのことはありませんか?私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。もし何かお困りのことがあれば、不動産の事以外でも、その問題解決のお役に立てる専門家と提携していますので、いつでもご紹介いたします。弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター等お気軽にご相談ください。
arrow_upward