AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年04月10日
ブログ

親が住むマンションのために住宅ローンを組むことはできますか?

板橋区内にお住いになる30代のお客様より「青梅市内に住む両親に私が暮らす沿線に住んでもらいたいと妻と話しています。頭金は親が用意できるのですが‥今は両親ともに元気ですが、何かあった時に駆けつけられるようにしたいのです。私がお金を銀行から借りることはできますか?」というご相談をいただきました。

同居でもない近居という暮らし方

結婚をする際に親との「同居」について考える人は多いと思います。以前と比べて家を継ぐという意識が下がったためでしょうか、同居する割合は低くなっているようです。同居が減っている一方で、「近居」という新しい住まい形態が出てきているのはご存じでしょうか。近居とは、国土交通省が平成18年で行った調査で「住居は異なるものの、日常的な往来ができる範囲に住居することを指す」と言われています。“スープの冷めない距離”交通手段を問わず10~30分以内の移動時間で行けることを示しています。

セカンドローン

銀行により商品がいろいろとありますが、お薦めするのは「セカンドローン」(住宅ローン)でのお借入です。本来、住宅ローンは自らが居住することを要件としていますが「親族のための住宅」であれば取り扱いが可能です。この商品であれば通常の住宅ローンと何ら変わりはなく、長期間での借り入れは可能です。また、団体生命保険が付保されますし、金利優遇も受けられます。審査については、源泉徴収票、運転免許証、保険証をご用意いただければ2~3営業日での回答となります。お借入する方に住宅ローン等のお借入がある場合は、返済予定表や担保物件の謄本、公図などが必要となります。

注意するポイントは

ご相談いただいたお客様には、弊社でご売却のご依頼を受けましたひばりヶ丘駅近くの中古マンションをお求めいただきました。物件価格の20%を親御さんにご用意いただき、残りの金額についてはご長男さんにて住宅ローンを組む形をご提案しました。毎月のご返済や管理費等のお支払いは親御さんの年金を利用する計画です。ここで注意する2つのポイントについてご説明します。1つめは所有するマンションの共有持分登記!今回のケースでは20%相当分を親御さんの名義にすることです。これを怠ると親御さんからご長男への贈与と認定されかねません。そして2つめは、万一、親御さんがお亡くなりなられた際に発生する相続!親御さん、ご長男さんに充分にご説明し、最終的に相続時精算課税制度を利用することにしました。不動産の権利取得と喪失にはお金がつきものです。例え、親子間でもお金が移動するとなると税金は発生することになります税理士等の有資格者によるアドバイスのもと確りとした計画が安心する近居の暮らし方となります。

休日は貸し農園で野菜づくり

小学生のお孫さんが休日になると「これから電車に乗るよ!」と電話され、親御さんの住むマンションに遊びに来るそうです。小竹向原からひばりヶ丘までは20分弱、ドアツードアで30分足らずの距離です。ひばりヶ丘での生活慣れた親御さん、最近では貸し農園で野菜つくりに精を出され元気に過ごされています。
この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。何かお困りのことはありませんか?私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。もし何かお困りのことがあれば、不動産の事以外でも、その問題解決のお役に立てる専門家と提携していますので、いつでもご紹介いたします。弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター等お気軽にご相談ください。
arrow_upward