株式会社スプラッシュ
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年03月28日
ブログ

ドリームワンのセミナーに参加しました!


3月28日(火曜日)三鷹駅北口徒歩4分、かたらいの道市民スペースにて開催されたドリームワンさん主催のセミナーに参加してきました。参加者の中には飛行機や新幹線でお越しになられた方もいらっしゃいます。インターネット全盛時代、「大手不動産会社に負けない独自のコンテンツを築くには、どうすればいいのか?」、中身の濃いとても有意義なセミナーでした。

グーグルの評価の見直し

現地販売を中心とした営業形態からインターネットに特化した転換は東日本大震災がきっかけでした。「何か変わってきている」~6年を経て『この変化は現在進行形であり、より大きく変わろうとしている』と感じています。それはグーグルのガイドラインで示されている評価制度を見ても明らかです。消費者にとって有意義なコンテンツでなければホームページでない!もっと消費者目線に立ちなさいと説いているからです。

それは消費者に役立つ情報ですか?


大手不動産ポータルサイトを始め不動産会社のホームーページは、物件情報主体で構成されています。物件概要に始まり、外観や内観といった写真や動画が掲載され、どこを見ても同じ内容のばかり。「それって単なるコピペで、消費者にとって役立つ情報なの?」、一生の間で一番高い買い物の住まいの購入や売却について、プロとして違った視線で消費者に伝えることがあるのではないか、心配ごとや悩みごとの解決に向けて答えを導くことが大切なのでがないか~単なるスペックを説明するのではなく「住まう」がイメージできるコンテンツが本当の意味の役立つ情報と考えます。

目指すべきものは


不動産仲介業務に携わり32年、宅地建物取引士として27年の実務経験、お世話になった人やお取引先に心から感謝しています。そして、これからお住まいを「買おう」、「売ろう」と思っている人に向けて、真に役立つ不動産会社、役立つ人間を目指そうと思います。その第一歩が物件情報より西東京市や練馬区の地域情報を最優先で発信すること長年の経験から得た知識をお客様のお悩みごと、お困りごと、ご心配ごとの解決に向けお手伝いすることと考えます。コツコツ、丁寧に「住まう」をイメージできるよう顔晴ります。
この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。 何かお困りのことはありませんか? 私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。 もし何かお困りのことがあれば、その問題解決のお役に立てる専門家をご紹介いたします。 弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター‥お気軽にご相談ください。
arrow_upward