株式会社スプラッシュ
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年03月11日
ブログ

飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費助成制度 西東京市

飼い主のいない猫の、ふん尿や鳴き声が地域での問題になっています。これらの猫は、もともとは人間に捨てられた飼い猫が繁殖して増えたものです。西東京市では、こうした”不幸”な猫の数を減らし、問題や被害を防止するため、飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費用の一部を助成する制度を実施しています。

耳先カットの同意が必要です

西東京市内に在住、在勤、在学している個人または事務所等であり、市内に生息する飼い主のいない猫に不妊・去勢手術を受けさせる方など。ただし、市が指定する動物病院で不妊・去勢手術を受けさせ、不妊・去勢済みの猫であることが外見から判断できる措置(耳カット)への同意が必要になります。

助成限度額

不妊手術(メス)1頭につき10,000円まで・去勢手術(オス)1頭につき5,000円まで申請方法

4月1日より、先着順にて受け付けますが、予算に限りがあるため、必ず申請前に電話またはファックスにてご予約ください。

申請時に提出していただく書類

申請書(第1号様式)

猫の写真

手術を受けさせようとする猫の餌場の清掃、ふん尿の処理を行うなど、地域住民の理解を得られるよう努める旨の誓約書(第2号様式)

※1回の申し込みで3頭まで申請することができますが、1頭ごとに申請書(第1号様式)を提出してください。

地域猫対策協力員への登録のお願い

助成金の交付を受けた方には、西東京市の地域猫対策協力員(仮称)として登録していただき、地域猫対策事業(地域猫の相談支援、猫の譲渡会)へのご協力(任意)をお願いしてます。

さくらねこ無料不妊手術事業

さくらねこ無料不妊手術事業は、公益社団法人どうぶつ基金が主催する、飼い主のいない猫の問題を殺処分ではなく不妊・去勢手術によって解決しようとする行政や、ボランティアの方を支援する事業です。西東京市では、平成28年10月からこの事業に参画しています。平成28年度はボランティアの方々と協力して、オス1匹、メス12匹の不妊・去勢手術を実施しました。新規ウィンドウで開きます。公益社団法人どうぶつ基金(外部リンク)


不動産購入サイト【おうちナビ】,不動産売却サイト【おうち売却.com】西東京市、練馬区の地域に特化した運営をしていますおうちにする心配ごと,みごとりごとでもお気軽にご相談ください

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。何かお困りのことはありませんか?私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。もし何かお困りのことがあれば、不動産の事以外でも、その問題解決のお役に立てる専門家と提携していますので、いつでもご紹介いたします。弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター等お気軽にご相談ください。
arrow_upward