株式会社スプラッシュ
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年02月18日
ブログ

歯ブラシ事故に注意しましょう

乳幼児が歯磨き中に転倒したり、人や物にぶつかり、けがをするケースが増えています。歯ブラシは、とがった部分がないため危険性が認識しづらいものです。でも、深く刺さると思わぬ大けがになるおそれがあります。

1歳児の事故が多い!

6歳以下の乳幼児が歯磨き中にケガをしたケースは49件(2010年12月~2013年1月・医療ネットワークより)

歩行中の転倒が最も多い! 

ケガをした要因は「歯磨き中に歩くなどして転倒」が64%・「人や物にぶつかる」(16%)・「踏み台からの転倒」(12%)・その他(8%)となっています。

1人で歯磨きをしている0~3歳の乳幼児を持つ保護者1200人からアンケート

4人に1人は事故経験がある‥40%が1歳児

歯磨きをしながら歩き回る乳幼児‥85%超

歯磨き中による事故を聞いたことが無い‥68%

乳幼児の歯磨きは一人でさせないようにしましょう!! 

歯ブラシは先端は尖っていませんが、細長いために、力が加わると、意外と深く刺さる場合があります。思わぬ大きな事故につながる可能性があります。

歯ブラシを口に加えたり手に持たせたまま歩き回らせない

人や物など周囲に気をつける

いすや踏み台などの場所では歯磨きをさせない


不動産購入サイト【おうちナビ】,不動産売却サイト【おうち売却.com】西東京市、練馬区の地域に特化した運営をしていますおうちにする心配ごと,みごとりごとでもお気軽にご相談ください


この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。 何かお困りのことはありませんか? 私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。 もし何かお困りのことがあれば、その問題解決のお役に立てる専門家をご紹介いたします。 弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター‥お気軽にご相談ください。
arrow_upward