株式会社スプラッシュ
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年01月16日
ブログ

PM2.5(微小粒子状物質)測定結果~1月5日~1月11日・西東京市

概況

大気中に漂う微小粒子状物質(PM2.5)による健康への影響が懸念されています。これに対し、国は1日平均70マイクログラム(1立方メートルあたり)を注意喚起のための「暫定指針」として設定していますが、都内の一般大気環境測定局で、1日平均値が70マイクログラムを超えたことはありません。また、この10年間(平成13年~平成23年)で、都内のPM2.5濃度は大きく減少しており、都内では国の暫定指針値を超えるような事態が生じることは考えにくいとのことです。

西東京市内の状況

西東京市内でも、平成25年度から下記の2か所の一般測定局でモニタリングが開始されましたので、当分の間、毎週金曜日に、前週の木曜日から水曜日までの各測定局の1日平均値(速報値)の推移をお知らせします。

測定結果

1月5(木曜日)から1月11日(水曜日) 

測定結果
測定場所木曜日金曜日土曜日日曜日月曜日火曜日水曜日平均
田無町(西東京市民会館)6.17.217.016.62.88.05.69.0
下保谷(保谷第一小学校)6.38.219.020.42.57.55.49.9

単位:マイクログラム(1立方メートルあたり)

より詳細な内容については、関連リンクをご覧ください。
※大気汚染地図情報(速報値)
都内の大気汚染常時監視測定局の測定結果が(速報値)がご覧いただけます。PM2.5についてご覧になりたいときは、このページから「日報測定値」をクリックし、「微小粒子状物質(PM2.5)」をクリックしてださい。

PM2.5とは

大気環境中の粒子状物質のうち、粒径2.5マイクロメートル。1マイクロメートルは1000分の1ミリメートル以下のもので、さまざまな成分からなり、影響も異なると考えられています。 (参考)スギ花粉は粒径30マイクロメートル程度。黄砂は粒径0.5~5マイクロメートル(4マイクロメートル程度のものが中心) 

環境基準(概要)

環境基本法に基づく行政上の目標となる値で、人の健康を保護するうえで維持することが望ましい基準として位置づけられているものです。PM2.5については、平成21年の環境省告示で、1日の平均濃度35マイクログラム以下、1年の平均濃度が15マイクログラム以下と設定されています。

国の暫定指針(概要)

環境省では、中国における深刻な大気汚染の発生及びその国内での一時的なPM2.5濃度の上昇が観測されたこと等によりPM2.5による大気汚染について国民の関心が高まってきたことを受け、「微小粒子状物質(PM2.5)に関する専門家会合」を設置して検討を行い、平成25年2月、PM2.5の濃度が上昇した場合における注意喚起のための暫定指針をとりまとめました。この中で、現時点までに得られている疫学知見を考慮し、健康影響が出現する可能性が高くなると予測される濃度水準として1日平均濃度が70マイクログラム(1立方メートルあたり)を超えることが予想される場合(早朝5時から7時の1時間値の平均が85マイクログラム(1立方メートルあたり)を超えた場合)に外出自粛等を呼びかけることとし、都道府県等に協力を求めるとしています。

東京都の対応及び東京都内の状況(概要)

  1. PM2.5の測定
     東京都では、平成21年にPM2.5の環境基準が設定されたことを受け、平成22年度から3年計画ですべての大気汚染常時監視測定局にPM2.5の自動測定器を設置し、モニタリングを行っています。
     西東京市内でも平成25年度から田無町と下保谷の2か所の一般測定局でモニタリングを開始しました。
  2. 東京都内の状況
     平成25年3月21日に開催された「微小粒子状物質(PM2.5)に関する研修会」による説明によれば、浮遊粒子状物質や硫黄酸化物、窒素酸化物、光化学オキシダント対策としてこれまで実施してきた固定発生源の煤煙対策や自動車排ガス対策、VOC(揮発性有機化合物)対策などがPM2.5の削減にも大きく寄与し、この10年間で都内の大気環境中のPM2.5濃度は大きく減少しており、都内において国の暫定指針を超えることはまず考えにくいということです。
    (都内のPM2.5濃度に関する状況)
  • 都内のPM2.5濃度は減少しており、現在も削減が進んでいる段階にある。
  • 環境基準を評価するためのモニタリングを開始して以来、国の暫定指針値を超えたことはない。
  • 現在の都内の濃度範囲は、昨年と大きく変わっておらず、中国の深刻な大気汚染の影響は今のところ見られない。

関連リンク

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。何かお困りのことはありませんか?私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。もし何かお困りのことがあれば、不動産の事以外でも、その問題解決のお役に立てる専門家と提携していますので、いつでもご紹介いたします。弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター等お気軽にご相談ください。
arrow_upward