株式会社スプラッシュ
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2018年10月12日
ブログ

家賃保証会社の仕組みとは

家賃保証会社は、借主から保証料(手数料)を得ることによって、その保証会社が家賃の連帯保証をするサービスを提供している会社です。借主に家賃の滞納などがあったときには、貸主へ家賃を立て替え払いします。

今まで必要だった連帯保証人は不要になりますが、契約時に家賃の0.3カ月~1カ月分、もしくは数万円の金額を家賃保証会社に支払う必要があります。

連帯保証人が用意できない人にとってはメリットはありますが、初期費用が高くなるデメリットもあります。

メリットとデメリット

保証会社を利用すると入居者が家賃を滞納した場合でも、保証会社が家賃を立て替えて支払うため、大家さんや不動産管理会社には、毎月、確実に家賃が振り込まれるようになり、家賃の回収不能リスクがゼロになるメリットがあります。

ただ、管理会社によっては、家賃保証会社でなく保証人に変更することや、家賃保証会社を自分で選ぶことが可能なケースもありますので、家賃保証会社を利用したくない場合、不動産会社などに相談をしましょう。

arrow_upward