株式会社スプラッシュ
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2018年07月28日
ブログ

レントロールとは何ですか?

レントロールとは、賃貸借契約条件一覧表のことです。賃貸借契約の条件を推測することが出来る資料です。収益物件を購入する際に、その物件の質を見定める基準となるもので非常に重要なものです。

 

レントロールでは何を見る

  1. 賃貸借契約の始期日を見る(最近になっての契約が多いのは要注意!)
  2. 各入居者の更新回数を見る(入退出の頻度から将来の入居状況が推測できます)
  3. 敷金・クリーニング代・鍵交換の預り金の内容を見る(敷金0円ばかりになっていないか)
  4. 保証会社が入っているかを見る(個人保証の場合は誰が保証人になっているのか)
  5. 家賃の入金状況・履歴を見る

※通常のレントロールには記載されていない内容もあります。

気になることはヒアリングが大切

レントロールは係数を知る資料ですが、そこから入居者の質を見極めるよう意識してください。

不足する情報は、不動産会社に依頼をしヒアリングをするように心掛けましょう。

現在満室でも空室になるリスクを想定しなければならないからです。入居者の個人情報(年齢・性別・職業)の確認は難しいものの、ある程度の内容は開示してくれます。

入居者の賃貸借契約をどこの不動産会社が斡旋しているのかを確認する事も大切です。物件近隣の不動産会社なのか?都心部のターミナル駅近くの不動産会社なのか?流通チェーン店なのか?など、空室になった際の募集活動の事も考えましょう。

arrow_upward