AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2018年02月10日
ブログ

不動産を売る時の『20のコツ』公開~不動産のマイスターがご説明します(第6章)

契約内容の詳細チェックを忘れずに

トラブルを避けるため、契約書にはしっかりと目を通しましょう。分からない部分があったら、詳しい説明を求めてください。確認事項としては、契約価格、契約日、契約者名、契約物件住所、売却価格、手付け金、住宅ローン審査完了日、取引完了日、物件引渡し日です。

契約後にイレギュラーが発生した場合

契約後1~2ヶ月後に物件引き渡しとなる場合が多いのですが、もし、その間で、何かイレギュラーなことが発生したら、即、その旨を伝えるようにしましょう。経験を重ねた営業担当であれば速やかに対応してくれます。買い手にも、その内容が伝わり善後策が練られるものです。ご自身で考え込むのではなく、正確な情報を営業担当に伝え、話し合いの場を持つようにしましょう。

鈴木に直接相談したい!という方はぜひご利用ください

所有する不動産の魅力を伝えるにはどうすればいいのか、購入を希望される人に好かれるにはどのようにすればいいのか、どのような交渉をすれば「高く・速く・確実」な売却ができるのか、wisdom(智恵)とexperience(経験)を持って、丁寧に分かり易くお伝えします。

よくある質問Q&A⇒https://ouchibaikyaku.com/page/view/answer

不動産に関する悩みごと、心配ごと、困りごと何でもご相談ください。

完全無料の90分「無料コンサル」受付中です。
お問い合わせは⇒https://ouchibaikyaku.com/inquiry

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。何かお困りのことはありませんか?私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。もし何かお困りのことがあれば、不動産の事以外でも、その問題解決のお役に立てる専門家と提携していますので、いつでもご紹介いたします。弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター等お気軽にご相談ください。
arrow_upward