AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2018年01月20日
ブログ

実家を売るには遺品の整理をしなければ‥どうしよう?と悩んでいませんか?

ご来社されたSさん、親御様からご相続をされた西東京市内の築32年の中古住宅のご売却についてのご相談でした。1年前にご相続が発生、ご兄弟との遺産分割協議が整い不動産を取得しました。リフォームして賃貸に出すことも考えましたが、あまりに費用がかさむので売却を決断されました。

進まない遺品の整理~どのようにしたらいいですか?

自分も育ったお住まい、お母様の想い出の品もたくさんあります。休日を利用して片付けているのですが、なかなか整理が進みません。売るには自分達で整理しなければならない、でも、このままではいつになることか?~といったご相談です。

出来る範囲のことだけをしてください

ご実家は12年前にお父様がお亡くなりになり、その後お母様お一人でお住まいでした。整理整頓、綺麗好きなお母様でしたが、数年前に病気を患い入退院を繰り返し、近年は施設に入所されていたそうです。

ご長男さんの奥様は就学前のお子様がおり日々子育てに追われています。ご本人も働き盛り、まとまった休暇が取れません。『お母様が大切にされていた物、お分かりですよね?出来る範囲のことだけしてください。後は弊社でお手伝いします』とご説明をしました。

利用できる物についてはリサイクルします

わたしたちは単に処分をすることはしません!

専門家立会いのもと利用できる物は、動産としてお金を支払い引き取ります。衣類や生活雑貨については、バザーやフリーマーケットで売る施設や団体に寄付をします。そして動産としての価値のない物、寄付できない物に限って処分することにしています。

もったいない精神

お母様が大切にされていた品々を、できる限り人に利用していただくようにします。

物が溢れる時代ですが、むやみにガラガラポンと処分するようなもったいない行為はしません。そのようにすることがお母様が大切されていた物への礼儀と考えています。わたしたちは地域の施設や団体と連携し【もったいない精神】で、遺品の整理についてお手伝いをしています。

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。何かお困りのことはありませんか?私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。もし何かお困りのことがあれば、不動産の事以外でも、その問題解決のお役に立てる専門家と提携していますので、いつでもご紹介いたします。弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター等お気軽にご相談ください。
arrow_upward