AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2018年01月25日
ブログ

家族に秘密で査定や相談はできますか?

秘密というと表現に困りますが、ご本人様が所有者さまであれば物件の査定やご相談は受付させていただきますのでご安心ください。

所有者でないと査定や相談はダメなのですか?

いいえ、ご本人様が所有者様でなくても査定やご相談は受け付けます。その場合は、念のため所有者様とのご関係をお示しいただければ幸いです。例えば、ご相続される不動産があり、遺産分割に関してアドバイスをさせていただく場合などが該当します。

宅地建物取引士には守秘義務があります

宅地建物取引業法第45条(秘密を守る義務)~業務上取り扱ったことによる、知りえたことは正当な理由がない限り、他に漏らしてはならないという規定があります。

 

 

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。何かお困りのことはありませんか?私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。もし何かお困りのことがあれば、不動産の事以外でも、その問題解決のお役に立てる専門家と提携していますので、いつでもご紹介いたします。弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター等お気軽にご相談ください。
arrow_upward