AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年12月22日
ブログ

筆界特定制度(ひっかいとくていせいど)をご存ですか?

お隣さんが境界立会いをしてくれないのだけど~筆界特定制度をご提案しました。

筆界特定制度(ひっかいとくていせいど)

筆界特定制度(ひっかいとくていせいど)とは、土地の一筆ごとの境界(筆界:ひっかい)を決定するための行政制度のこと。 筆界特定登記官が土地の所有権の登記名義人等の申請により、申請人・関係人等に意見及び資料を提出する機会を与えた上、外部専門家である筆界調査委員(法務局長から任命された土地家屋調査士・弁護士・司法書士)の意見を踏まえて、筆界の現地における位置を筆界特定登記官が特定する不動産登記法上の制度です。

裁判より迅速、費用負担が安価に

土地の筆界(境界)が確定され、土地に関するトラブルを避けることが出来る。

この制度を活用することで、裁判より迅速にトラブルを解決できることがある。

裁判よりこの制度を活用した方が、費用負担が軽くなる。

法務省公式ページ(特定筆界制度)はこちらをクリック

筆界特定制度に関するQ&Aが分かりやすく解説されいます。

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。何かお困りのことはありませんか?私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。もし何かお困りのことがあれば、不動産の事以外でも、その問題解決のお役に立てる専門家と提携していますので、いつでもご紹介いたします。弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター等お気軽にご相談ください。
arrow_upward