株式会社スプラッシュ
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2016年12月27日
ブログ

チェックリストを作ろう


チェックリストを作ろう!

ご売却のご依頼をいただくと物件調査を常とするのですが、

必ずチェックリストを作るようにしています。

法務局→権利関係~全部事項証明書,公図,測量図,建物図面

市・区役所→道路台帳,上下水道の公設管資料

ネット→レインズ(成約事例),ガス管の公設管資料,路線価,基準地価,公示価資料

その他にもマンションであれば重要事項調査報告書,長期修繕計画書

ついつい資料を取得することを忘れていまうこともあります。

解決方法は簡単!~チェックリスト!

ある営業マンに電話をすると「年末、バタバタと駆け廻っています!」と話していました。『どうしたの?』と聞くと、住宅ローン本申請をしたのだけど書類不備を指摘され、法務局に出向いて全部事項証明書を取りに行き、これからお客様宅にお伺いし、団体信用生命保険の記入漏れの修正をしてもらうとのことでした。思わず『何年、この仕事をやっているの?』と尋ねたくなってしまいました。チェックリストさえ作ればこのような事は起きませんし、記入漏れ注意!とリストに書いてあればいいわけです。お客様からすればケアレスミスをする営業マンを頼りなく思うだけです。信用、信頼は築くのが大変ですが、崩れだしたら止まらないものです。何事も小さなことから始まるのです。小さな約束が守れない人には、契約という大きな約束を任せられないと感じてしまいました。人のふり見て我がふり直せ!充分に気をつけます。

おうち売却.com








この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。 何かお困りのことはありませんか? 私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。 もし何かお困りのことがあれば、その問題解決のお役に立てる専門家をご紹介いたします。 弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター‥お気軽にご相談ください。
arrow_upward