AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年11月26日
ブログ

取り纏め依頼書~安易な「買取数字」に注意してください!


先程お見えになられたお客様の相談事は「取り纏め依頼書」について。売りに出された土地に対して契約直前に【金額変更】を求められたのですが‥。これは一体どういうことなのですか?

月末に契約予定‥「価格を下げてください!」と言われたのですが。これ、おかしいですよね。


よくよくお話を伺うと

「知り合いの不動産会社に土地の売却を依頼したところ、数日後にさる分譲住宅を手掛ける会社が購入したいと意思表示をされ、少し安いかな?と思うものの、1/20には全額支払ってくれるというので、月末に契約する予定でした。ところが午前中に不動産会社担当から電話があり、社内稟議で価格を引き下げるよう指示がでたので、契約金額が変更になります。120万円下がりますのでよろしくお願いいたします」

これっておかしいですよね?

そして見せていただいたのが【取り纏め依頼書】。確かに有名な会社さんのものです。

「分譲住宅を手掛ける、ましてや、こんな有名な会社なのに‥これはおかしいですよね。一旦この金額で買うといったものを引っくり返すなんてあるのですか?」

かなりご立腹の様子です。

取り纏め依頼書には何の意味もありません


『失礼を承知で言いますが、取り纏め依頼書には何の意味もありません。こちらに小さく書かれているように「本部稟議を条件とする」、つまり本部稟議が通らなければごめんなさい。そのような意味合いのものなんです』

「でも、ここに金額も、手付金も、引渡し日も書かれているんですよ。ましてや会社名も‥ちゃんと印鑑も押してあるのにですか!」

『この取り纏め依頼書は担当者ベースで書いているもので‥単なる購入したいな~的なフォーマットと理解したほうがいいと思います』

「エッ、担当者が勝手に書いただけのもの‥」

『勝手にとは言いません。恐らく各種調査をし、過去の成約事例などを調べて意思表示をしているでしょう。この書面を提出し、売主さんが本当に売ってくれると分かってから稟議を出すと思いますが‥』

では言われるまま値段を下げないとダメなのですか?


『それは違います。ご主人さんが納得されないのなら断ればいいんです』

「でも‥不動産会社からお願いしますと言われたのですが‥」

『ご主人さんは金額に納得しているのですか?』

「いいえ、一度約束したものを反故にされたことに腹が立つのです』

『そうですよね。確かに大切な不動産のご売却、少し乱暴なやり方ですね。そのやり方に腹立っているのでしょう。生意気ですがお気持ちはわかります』

「では‥どうすればいいんでしょうか」

ちょっと間を空けられてはいかがですか?


『そうですね~少し時間を空けられてはいかがですか?有名な分譲住宅会社だからといって、はい、そうですかと言われるままに事を進めなくてもいいのではないでしょうか?ちょっとお考えになられることをオススメしますよ』

「‥‥‥そうですよね」

『後悔するようなことは避けましょうよ。土地一升、金一升、お金が絡むことですよ』

「今は名前は言いませんが‥後でまた相談にのってくれますか?」

『どうぞお越しください。わたしは無理強いしない人間ですから(笑)』


仕入れ担当者のレベルが低下しています。

サラリーマンだからしょうがない‥いや違う!

会社が大きくなったことを自分の能力が優れたと勘違いしている典型的な例。お客様をお客様と考えず「うちだから、その金額で買う。他ではそんな金額で買わないでしょう。少しくらい協力してよ!」恐らくそのような感性かと。

 

arrow_upward