AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年10月17日
ブログ

住宅ローンの借入残高は解りますか?~お手元にある返済予定表で確認できます

ご売却をする際に売れる金額もさることながら、売ることにより、いくら手元に残るだろうか?‥気になりますよね。不動産を売る場合の諸経費には、売買契約書に貼付する収入印紙税(売買金額により相違します)・仲介手数料(物件価格✕3%+6万円✕消費税1.08)・抵当権抹消費用等の経費が発生します。

住宅ローンのお借入残高は解りますか?

ご売却する不動産に住宅ローンのご利用がある方は、お借入をしている金融機関の返済予定表で、現在の借入残高をご確認ください。ご融資が実行された後、変動型の商品をご選択された場合は半年ごとに郵送されてきます。もし、お手元に見当たらない場合は再発行にて取り寄せてください。

アンダーローンなのかオーバーローンか?

アンダーローンとは、ご売却が予想される価格が借入残高と諸経費等を足した金額より上回る場合、その差額が概算でのお手元に残る金額となります。

売却予想金額>借入残高+諸経費合計金額

これに対してオーバーローンとはご売却が予想される金額が借入残高と諸経費を足した金額を下回る場合のことを言います。

売却予想金額<借入残高+諸経費合計金額

アンダーローンが予想されるのであれば売ることに支障はありません。しかし、オーバーローンが予想される場合は少々考えないとなりません。売却の理由が【買い替え】であれば、新規購入物件のお借入にオーバーする金額を上乗せして借り入れすることは可能でなのでご安心ください。現在の住宅ローンのご返済が少し厳しくご負担が重い、離婚に伴い資産を処分しないとならない等の場合は、充分な計画が必要となります。

オーバーローン状態であれば現実をお考えください

売却のご理由はいろいろありますが借入は返済しないとなりません。されど現在の状況では返済の目処が立ちにくい、処分をしなければならないのであれば、現実を見つめ冷静に考えないとなりません。一番してはいけないことは放置することです。いい考えが浮かばないから、取り敢えず少しはこのままにするか?このような考えでは、近い将来延滞となる公算が高くなります。延滞は個人情報に大きく影響しますので極力避けなければなりません。

経験豊富な人に相談をすること

インターネット上の不動産サイトには、惹かれるようなキャッチコピーで宣伝をする会社が数多くあります。任意売却を薦める不動産サイト、離婚を理由での売却を得意とする不動産会社のサイト‥大半は真っ当なビジネスをする会社ですが、中にはグレーな営業をする会社もあります。この種の心配ごとや悩みごとを誠実に耳を傾けることが出来ない担当者もいます。困りごとや心配ごとを解決してくれるのはキャッチコピーではありません!会社の規模でもありません!傾聴する姿勢で接する担当者です。信頼のおける人を見つけて相談をしてください。
この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
不動産仲介業務に従事して33年、宅地建物取引士の資格を取得して28年が経ちました。お客様に対して、今まで得た知識と経験をもとに解りやすくご説明させていただきます。何かお困りのことはありませんか?私は、様々な分野に信頼できる専門家の人脈を持っています。もし何かお困りのことがあれば、不動産の事以外でも、その問題解決のお役に立てる専門家と提携していますので、いつでもご紹介いたします。弁護士、弁理士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、相続診断士、ファイナンシャルプランナー、終活カウンセラー、葬祭ディレクター等お気軽にご相談ください。
arrow_upward